国会議事堂

2012年12月19日 16:55

こんにちは!

何だかんだと忙しかったシーズンも一段落!

ホッとしていたのもつかの間、気が付いてみると今年も残すところ後わずか!!

早すぎるっ~。

 

国会議事堂 001.jpg

皆さんも良くご存じの国会議事堂。完成までの道のりは苦難の連続でいろいろなドラマが

あったそうですが、そんな国会議事堂を今回はちょっぴりご紹介。

 

「近代国家にふさわしい国会議事堂の建設を」という悲願のもと、建設計画から55年の歳月をかけ

昭和11年11月7日に完成しました。設計者は誰?建設に至るまでに様々な紆余曲折があった為、

名前を明記出来ないそうです。妻木頼黄・辰巳金吾・渡邊福三氏それぞれが建築家として選ばれては

亡くなり、結局、官僚建築家たちによる合同チームが設計を担う事に・・・当時の技術の粋を集めて

造られただけあり、ドアノブ、郵便投函筒、ステンドグラス、大理石一種を除き、すべての建材を純

国産品でまかなっているそうで、「国産石材の博物館」と呼ばれているそうです。謎の多い国会議事堂。

お伝えしたいいことがまだまだありますが、残りはまた何時か。。。

現在にして、これだけ贅沢な建物は、おそらく今後建てられることは無いと言われています。

 

 

 

このページのトップへ

カテゴリ

アーカイブ

最近の画像