運輸安全マネジメント制度について

運輸安全マネージメント制度とは

運輸事業において輸送の安全確保は、重要不可欠でありますが、平成17年にヒューマンエラーに起因すると考えられる事故・トラベルが連続して発生したのを契機に、輸送の安全確保に関し従来からの格交通モードの事業法に基づく保安監査に加え、運輸事業者自らが経営トップから現場まで一丸となり安全管理体制を構築・改善することにより輸送の安全性を向上させることを目的とした運輸安全マネジメント制度が平成18年10月に導入されました。

荒川交通株式会社の運輸安全マネジメントへの取り組み・方針

Ⅰ.輸送の安全に関する基本方針

1、 代表取締役社長は、輸送の安全確保が運輸事業の根幹を成すものであり、最大の使命であることを全従業員に再認識させ安全向上に努めます。

2、 法令、規則を遵守し、社員一丸となり、誠実に業務を遂行します。

3、 安全管理体制を継続的に見直しその向上に努めます。

4、 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

Ⅱ.輸送の安全に関する目標・事故に関する統計

平成30年度実績

重大事故⇒0件。有責事故⇒1件。
飲酒・健康起因事故⇒0件。自損故障⇒1件。
平成30年度は、重大事故・人身事故の発生は0件でした。
小さな物損事故も見逃さず大きな事故に繋がらないよう事故分析し対策を講じます。
令和01年度目標

重大事故⇒0件。有責事故⇒0件。
飲酒・健康起因事故⇒0件。物損事故⇒0件。

Ⅲ.安全マネジメントの取り組み、確認と改善

・規定に基づく安全マネージメントの取り組みを強化し、全社員で問題解決に向けた対策を講じます。そのためには、全社員とのコミュニケーションの活性化を図り風通しを良くすることが大切と考えます。一方通行ではなく互いに意見を述べやすい社風を作り、互いの意識の高揚を高めます。
・安全の取り組みを推進するため計画策定・実行・チェック・改善(Plan.Do.Check.Action)を導入して活用安全管理体制の継続的なレベルアップに努めます。
・適性・適齢診断を受診助言指導を行います。
・全車両にドライブレコーダーを導入し、ドライブレコーダーの映像を活用した指導・監督を実施します。
・運輸安全マネジメントセミナーを毎年受講しています。
・運行管理者一般講習の受講(2年に1度の受講義務)
・整備管理者講習の受講(2年に1度の受講義務)
・安全統括管理者 荒川交通株式会社代表取締役 平成25年12月12日選任
・運行管理者2名、整備管理者1名

Ⅳ.荒川交通株式会社の実際の取り組み

国土交通省が定める法点検

タイヤ交換

3か月点検と年に1度の車検を全車実施し、点検以外に不具合が見つかった場合には、すぐにディーラに連絡し点検してもらいます。

また、オイル交換やタイヤ交換は時期を決め、必ず実施しています。

乗務員の安全への取り組み

会議室

・定期健康診断の結果を踏まえた健康状態を把握します。同健康診断の結果により要観察等の所見がある場合は、産業医の診断を受け生活習慣の改善に努めます。
・睡眠時無呼吸症候群検査の実施
・脳疾病の診断にMRI検査を実施
・アルコールチェッカー、声かけによる飲酒運転の撲滅を目指します。
・睡眠がとれる休憩室があります。
・乗務員は、弊社ミーティングルームにて、運行業務内容についての確認や打ち合わせを実施しております。こうした日々のコミュニケーションを大切にし、皆様の安心・安全に取り組みます。

信頼のおける安心保障

当社では、信頼のおける保険会社による任意保険に加入し、万一の場合でも万全な保障でお客様に対応致しますのでご安心下さい。